間違った方法で洗顔をしていませんか?【あなたにあてはまるかも?】

美人になるためにスキンケアの基本、洗顔ですが、冬は乾燥してしまうので洗顔もしっとりするものを使用している、という方も多いのではないでしょうか。

でも、洗顔後しっとりした肌の仕上がり、というのは実は洗顔料の油分が肌に残っているという状態なのです。
ということは、毛穴の汚れがしっかり落ちているという状態にはほど遠く・・・。

つまり汚れがしっかり落ちていないところに、余分な油分が肌に乗った状態になっているということになります。

スポンサードリンク



てんぷら油などを、そのままにしておくと空気に触れて酸化していきますよね。

あれと同じ状態がお肌の上でも起きてしまいます。

余分な油分は、お肌の上で酸化していき、老化と同じ作用が起きてしまっています。さらにその下の毛穴では、汚れが残ったまま、となるとなんだか良くない予感がしませんか。

そうなのです、結局汚れが取りきれていない上に、油分があることで、お肌のトラブル予備軍が準備しているのと同じ状況になっているということなのですね。
これを防ぐためには、やはり洗顔はしっかりと、汚れを落とすことを主目的とするのがベストといえるでしょう。

そしてその後保湿、保水をしっかりと行う。

これが一番のスキンケアの王道といえます。

さらに洗顔のときは、なるべく肌に負担をかけない方法で洗顔をする、例えば、たっぷり泡立てた泡で洗顔する、またその成分も肌に負担の少ない、自分にあったものを使う、などです。

そして保湿や美容液を塗るときにも気をつけたいものです。
化粧水をコットンに含ませて、パタパタと刺激たっぷりにお肌に乗せるのではなく、手のひらで、温めるように肌にゆっくりと浸透させる。
これがお肌にとっては良い方法です。

手のひらにのせて化粧水を使うと、手のひらの温度で蒸発する分もありますし、手のひらに少し吸収されてしまいます。
それはちょっと頭の片隅において、化粧水を使うと良いでしょう。また美容液や乳液も、その日の体調や肌の調子で使用するのを調整しても良いかもしれません。

年齢に応じたケアが大切なのも事実です。その時に応じて、また自分の調子にもよってケアを調整しながら、美しい肌を目指したいものですね。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ