洗顔に気をつけて、肌の自浄作用を壊さないようにする為には?

寒い季節になると、水で顔を洗うのが冷たくて我慢できないという方も、多いのではないでしょうか。

美人になるためについつい熱いお湯を使って洗顔してしまうという場合も。

でもちょっと待って。

熱いお湯などで洗顔をしてしまうと、肌に必要な油分までもが洗い流されてしまいます。
そのことで肌を守るバリア機能が失われて、乾燥が進んでしまいます。

これは大変です。

スポンサードリンク



それを防ぐためにも、水か水に近いぬるま湯で洗顔をする、それも泡でやさしく洗顔することが大切です。

肌は自浄作用があり、皮脂線から皮脂が適度に代謝されることで、肌の水分の蒸散作用を適度に抑制し、外からの刺激から守り、肌のトラブル発生を抑える機能があります。

肌の自浄作用を、自ら洗い流してしまうなんて、ちょっと勿体ないですよね。

それが、お湯で洗顔することで、自分で生み出している美容機能を破壊してしまっているといっても過言ではありません。

なので、水か水に近い温度のぬるま湯で優しく洗ってあげることが大切になるのです。

何よりもまた冬は、洗顔料を保湿成分の入ったものに切り替えるというのも、お肌を乾燥から守るポイントの一つです。

洗顔料だけではなく、石鹸もうるおいを守る成分のものも多く販売されています。

アレルギー成分などに気をつけながら、自分にあった洗顔のタイプをみつけて、季節に応じたケアをすることが美肌のポイントです。

洗顔は、肌をキレイにするのはもちろんですが、正しい洗顔方法でケアしてあげることで、美肌にもつながる基本中の基本です。

正しい洗顔方法と、きっちりと潤いを逃がさないケアをすることがとても大切です。

最近は、美容家電も多く発売されていますね。

キレイにしたお肌を、更にスチームなどでスペシャルケアしてあげるのも、忙しい毎日のなかでうるおいを保つためのひとつの方法です。
手をかけすぎると、それはまたトラブルの原因になってしまう場合も。

自分にあった洗顔やケアの方法を見つけて、過ぎず及ばずの適度なケアを心がけたいですね。

それを防ぐためにも、水か水に近いぬるま湯で洗顔をする、それも泡でやさしく洗顔することが大切です。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ