希少糖とは?販売店や通販で買える店を紹介!その効果とは?

「希少糖」って、聞いたことがありますか?
つい先日も、メタボやダイエットに効果的と、NHKTV『「あさイチ」で取り上げられ、話題を呼んだばかり。

スポンサードリンク



「希少糖」とは、文字通り、希少な糖のことで、自然界には、50種が確認されています。

ごく微量にしか採ることができず、非常に高価なものとされてきました。

【発見から生産へ】

1990年代に、「希少糖」の研究を続けてきた香川大学が、希少糖を生産する酵素系を発見。

同時に、希少糖を体系化するための『イズモリング』が構築されたことによって、希少糖の一つである「D-プシコース」の安定した生産が世界で初めて可能になりました。

2001年、希少糖研究センターを創設した同大は、「希少糖」の効能を「消化管、腸、肝臓、膵臓、血管など、人体内のさまざまな器官において、血糖値の上昇を抑制する働きをもつ。

動脈硬化や肥満、中でもメタボリックシンドロームの改善に優れた効果を発揮する」との研究成果を発表。

「D-プシコース」のカロリーはほとんどゼロ。砂糖の70%という爽やかな甘みが特徴です。

2010年、同大学では、県との産学官連携事業として、地元や近県の企業とともに「D-プシコース」を15パーセント含有した液糖「レアシュガースウィート」として
商品化しました。価格は、500グラム1260円。

次世代甘味料とのキャッチフレーズで販売されている「レアシュガースウィート」ですが、生産量に限りがあるため、販売サイトでは数カ月後にようやく手に入る状況が続いています。

【望まれる増産】

でんぷんから作られる「D-プシコース」は、メンタル面など、さまざまな危険性が指摘される人口甘味料とは一線を画す存在。

現在は糖尿病患者の食事などに使われることが多いのですが、脂肪の蓄積も抑える生理作用も。
ダイエットで甘いものをガマンしてストレスを溜めているひとにも、”のどから手が出る”甘味料といえます。

研究・生産はスタートしてわずか数年。まだまだ生産量に限りがありますが、増産体制の確立後、あと2年すれば、広く販売されとうになるとのこと。楽しみですね!




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ