快適な体調維持のために冷暖房から【身を守る方法!】

冷え性冷房や暖房など空調がきいた空間は、過ごしやすく快適ですよね。

でも人工的に気温を上げたり下げたりすることで、湿度も影響をうけたり、直接冷気や暖気が身体にあたることで様々な不調を引き起こす要因になってしまう場合もあります。

そこで、冷房や暖房に対して、自分の身を守る工夫も大切となってきます。

1日中冷房の効いた部屋で仕事をして、夕方外に出てみると暑いのですが、温かくもあり、どうも解凍されていくような感覚に襲われるということはありませんか。

スポンサードリンク



そんな時は実は快適だったように思えても、身体の芯から冷えていた状態になっているのです。

夏ですから、暑いなかの冷房は嬉しいものですが、やはり身体のことを考えると過度に冷えるのはよくないのですね。

しかも、最近は「クールビズ」が当然となっていても男性のほうが体感の感覚が暑いらしく、なかなか女性の冷えにまで配慮されていないのが現状です。

そこで、首、足首、を冷えすぎないように防護することが、身体の芯まで冷やさないこつです。
具体的にはカーディガンを羽織る、靴下を履く、夏用のしゃりっとしたストールを巻くなどが冷房よけとしてよい方法ですね。

大きめのスカーフやストールをバックに入れておくと、冷房よけになります。

またマーガレットのような、ストールにも、カーディガンにもなるようなアイテムを用意するのも、良いかもしれません。

冷えから血行が悪くなるとお肌の調子も乱れてきますから、まずは身体を冷やしすぎないように心得ることが大事になってきます。

また冬、暖房の季節はやはり乾燥を避けるようにしたいものです。

加湿器を併用するのが効果的なのですが、なかなかオフィスなどでは希望が通らない場合も。
そんなときはマイ加湿器を利用するのも一つの方法です。

少量の水を蒸気として自分だけに当てることのできる小さな加湿器も発売されています。
化粧水などを顔にしゅっとスプレーする方法もありますが、化粧水のみをスプレーしたまま放っておくと、蒸発することで逆に乾燥が進んでしまう場合があります。

できれば加湿器やマスクを利用して肌を乾燥から守りたいものです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ