加齢臭の対策とその原因は?加齢臭を消す食べ物とは?いったい?

加齢臭

朝、通勤ラッシュの電車の中に足を踏み入れた途端、あたりに漂う、脂臭く青臭い、独特のニオイ。

閉口しますが、鼻が慣れるのを待ってひたすらガマン…。

いうまでもなく、それは「加齢臭」。響きからして、哀切ですが…。

スポンサードリンク



大手化粧品メーカーが、「加齢臭」について、研究発表をしてから10年あまり。

「加齢臭」が、不飽和アルデヒド(有機化合物)の一種である「ノネナール」によって醸しだされること、いまや、すっかりおなじみとなりました。

「ノネナール」の素は、40歳前後になると、皮脂線から分泌される脂肪酸の分泌量がいっきょに増加し、それが酸化することが原因の一つです。

 
さらに、もう一つ、表皮に棲む常在菌の発酵によっても、「ノネナール」はつくられるのだそうです。

当初、いわゆるオヤジ臭の代名詞のように言われていた「加齢臭」ですが、男女共通のもの。

腸内環境

身体の知らず知らずのうちに「加齢臭」を漂わせているのがでは、おちおち“美魔女”も気取れませんね。

ただ、女性は、男性ほど皮脂の分泌は多くありません。

それに加えて、体内の酸化を防ぐ女性ホルモンが分泌されていますから、

男性と比較すると、強烈な「加齢臭」が発散されることはないそうです。

 
とはいえ、「ノネナール」の発生は、動物性の脂肪や、脂肪分を多く含む食事を摂った後には、目立って増えるのだとか。

注意が必要ですね。

「加齢臭」を放つのは皮脂線ですから、まずは、こちらのケアは必須です。

美肌お姉さん皮脂線の集まる部位は、頭部をはじめ、額から鼻にかけて。

身体では、胸、腋の下、耳の後ろから首筋、背中にかけてとなっています。

入浴時に、これら皮脂腺が集まる部位を、泡立てた石けんで、集中的に、かつ、そっと洗ってあげましょう。

ニオイは、服や下着にも移りますから、何度も着回さず、清潔なものを身につけるように心がけましょう。



食事対策では、抗酸化作用のあるポリフェノールを含有する野菜や果物、ビタミンC・E、食物繊維を含む食材を豊富に摂取したいもの。

 
ポリフェノールは、「加齢臭」の予防にも、大活躍してくれるのですね。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ