紫外線対策は3月から!その理由とは?

太陽

長かった冬も終わりに近づき、春がやってくるというだけで、気持ちが少し軽くなり、明るい気分になりませんか。

そして外に出ても気持ちがよく、どこまででも散歩できそうな気分になります。

吹く風は、時々強く寒さも感じるけれど、そんな風の中にも春の香りがして、足取りも軽く上向きな気持ちになっていく・・・とそこで忘れてはならないのが、紫外線ケアです。

スポンサードリンク



冬の間は確かに曇り空も多く、紫外線量は年間を通してもっとも少ない季節でした。

しかし、3月になると、紫外線の量はどんどんと増えていっているのです。

ポイントついつい紫外線といえば、暑い季節の夏にあの照りつける日差しに大量に含まれるのでその季節にケアするものというイメージがありますよね。
でも、実は3月から増加し始めているのです。

ですから、効果的な紫外線対策をするためには、3月から意識するべきといっても過言ではありません。

むしろ、始める時期は3月なのです。

油断大敵、朝からふりそそぐ太陽の光に紫外線がバンバン含まれているなんて、ちょっとショックですよね?

せっかく冬から、明るい春になって日差しが嬉しい毎日なのに、と思いますが、日差しを楽しむのは紫外線対策を施してから、としましょう。

朝起きて、カーテンを開けたそのときから、紫外線はさんさんと部屋のなかに差し込んできています。

更に曇りの日でも容赦なく、紫外線は入ってくるというのです。

残念ですね。

ベストな紫外線対策は、朝起きてすぐに洗顔し、化粧水でお肌を整えたタイミングに「今日はメイクしないし~」という日であっても、日焼け止めを塗るのが一番の方法だといえます。

あの君島さんも、朝一番に日焼け止め、洗濯物干しにも日焼け止めと、大きな帽子と長袖の上着を着用されるとお話されていました。

徹底して紫外線を浴びないぞという気合が大切なのですね。

紫外線を無防備に浴び続けると、シミの元になるメラニン色素が作られてしまいます。そこからシミ一直線。

しわの原因について知りたい方はこちら。

この状態を防ぐには、1に日焼け止め、2に日焼け止め、3に美白といったところでしょうか。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ