顔のシミの原因は?

ポイント乾燥もシワも絶対作りたくないと思って努力してるのに、気づいたらシミが出来ていた!などということはありませんか。

しかも、お顔のなかでも肌の薄そうな目じりやこめかみ、頬など、自分で鏡を見ても目立つ場所にポチっとシミが出来ているときの驚きといったら。

シミはどうして出来るのでしょうか。性質を知ることで防ぐことは出来るのでしょうか。

実は、20歳を過ぎたらシミは出来始めるということがわかっています。

スポンサードリンク



やはり、よく日に焼けていたスポーツ系の部活動で活躍していた友人、または自分が20歳を過ぎた頃からポチポチとシミが出来始めていることに気づくというケースも多いのではないでしょうか。

そうなので、シミはメラニンが表皮の一部に多量に蓄積し出来ていきます。

そのシミが出来る発火点となるのは、メラニンが出来る過程で生じる因子が活性化してしまうことによります。

紫外線を多く浴びることで、メラニンが出来るよという遺伝子に変異が生じ、そのことで色素細胞でメラニンを作り、もっと作らなくちゃとその色素細胞も増加し、出来上がったメラニンを周辺の細胞にもおすそ分けしてしまうことから、シミとなってしまうわけです。

 

またこの色素細胞を刺激する「サイトカイン」という物質は、これ自体がシミの原因となるといわれています。

紫外線を浴びた皮膚は、更に角化細胞からも色素細胞を刺激する物質が生成されてしまい、さらにメラニン合成が活発化し、シミの色が濃くなっていきます。

夏って他の部分も日焼けするけどシミも濃くなって目立っていると思いませんか。

この状態が引き起こされているのです。

日焼けのケアを怠るとどうなるか?についての記事はこちら

紫外線を浴びることで、活性酸素が生成されてしまうのですが、それがまたメラニンを作る働きのお手伝いをしていることもわかっています。

ですから、いかに紫外線を浴びることが、シミの大敵となるかということがお分かりいただけたでしょうか。

メラニンの合成を防ぐためにも、その大元となる紫外線を浴びる外的要因を排除しなければならないということですから、きちんと紫外線対策をすることが必要になるわけです。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ