歯のホワイトニングって、自宅でもできるの?値段は?

美肌お姉さん

少し前、“芸能人は歯が命”というテレビCFのキャッチフレーズがありました。

現在は、“一般人も歯が命”。芸能人に限らず、白く輝く、歯並びのよい口元は、当たり前です。

小学校高学年くらいから歯列矯正をしますし、八重歯も、アメリカではドラキュラ呼ばわりされるからと、

留学前に慌てて歯列矯正を始める人も少なくありません。

スポンサードリンク



ただ、日本人の歯は、象牙色にも例えられるように、加齢によって、黄ばんでくるのが普通です。

現在、ごく自然な歯の黄ばみさえ、よしとしない人びとが、とくに40代以降に増えていることはたしか。

アンチエイジングや審美意識の高まりもあって、審美歯科に足を運んで、「歯のホワイトニング」を受ける人が増えています。

審美歯科で行われる「歯のホワイトニング」の料金は、自由診療のため、価格の幅はありますが、

だいたい、1回につき、2~5万円ほどで、数回にわたって通うのが一般的となっています。

一方、クリニックに行かずに、自宅でセルフ・ホワイトニングを可能にした「ホームホワイトニング・キット」も発売されています。

ポイント方法は、薬液を入れたマウスピース(作成は歯科医院に依頼)を、1日のうち2時間ほど、毎日のように、口に装着。

10%の過酸化尿素を使用した薬液が歯の表面に作用することによって、歯の表面に付着した色を、酸化分解して漂白。

毎日のように継続することによって、じょじょに歯を白くしていくというもの。

目的達成のためには、制約もいろいろとあります。

口に装着している間は、食事や飲み物をとることができません。

また、「ホームホワイトニング」後、まる24時間は、コーヒーやチョコレート、ウーロン茶やワインなど、

歯への着色作用を持つものは、口にしてはいけない、とされています(ポリフェノールの含まれた食べ物ばかり^^;)。

当然のことですが、ホームケアでは、薬液の調節ができませんので、治療中の虫歯があったり、ふだんから知覚過敏を持つ人は使用不可。

キットの価格は1万円前後となっています。






スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ