ルミキシルの効果とは?値段が気になりませんか?

ポイントできてしまったしみをなかったものとして改善くれる「ハイドロキノン」。

美容皮膚科の治療においても、美白化粧品の配合でも、今では、美白といえば「ハイドロキノン」と、広く知られるようになりました。

スポンサードリンク



皮膚を漂白作用によって美白する「ハイドロキノン」は、敏感肌の人には向かないとされていますが、

その目覚ましい効果によって、シミや色素沈着に悩む多くの人びとの肌を改善しています。

一方で、美白作用というよりも、しみができる手前で、メラニン色素の生成を予防する力は、この「ハイドロキノン」よりも強いといわれる医療用美白剤「ルミキシル」をご存じですか?

「ルミキシル」のメラニン生成抑制率(メラニン色素を増殖させる酵素「チロシナーゼ」を抑制する力)は、なんと40%。

「ハイドロキノン」の17倍にも上ることが、米国スタンフォード大学の皮膚研究者たちの臨床検査によって、発表されています。

さらに、配合成分のアミノ酸やペプチドなどの効果で、肌のきめが整い、毛穴が引き締まって、つやが出てくるそう。

刺激性も低く、このタイプの薬剤としては、最もアレルギー反応が起きにくいとされています。

ただ、「ルミキシル」は、色素沈着を薄める効果はそれほどありません。どちらかというと

“これからしみを予防したい”人におすすめの薬剤なのです。

使用方法は、朝に2プッシュしたらUVケアを加え、夜には3プッシュの使用を勧めています。

※どちらも、放置後に乾燥を感じたら、保湿のためにクリームを加えるとベターだそう。

ポイントとしては、塗布後、成分が肌に浸透し終わるまで、10分以上、放置すること。

朝は、これまでより少し、早起きした方がよいかも。

UVケアだけでなく、スキンケアでしみ予防が可能なのは、うれしいことですね。

メーカーによると、最低でも3カ月は使い続けると、その効果が実感できるそうです。

医療機関専売品ですから、購入は美容皮膚科で、治療後の処方となります。ポンプ式、30ml/15000円ほど。

インターネット通販などでも、並行輸入で1本10000円前後で、割安な購入が可能となっていますが、品質の保証はないため、注意が必要です。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ