しみ・毛穴改善の「ダーマローラー」の効果と購入方法とは?自宅で出来るものも!

しみや毛穴の開きを改善する「ダーマローラー」(MTS顕微針システム)。

毛髪より細い約200本のステンレス針がついたローラーを、肌の上でローリングし、表皮の角質と真皮に小さな穴を無数に開け、真皮に直接ヒアルロン酸やビタミンCを浸透させる、ちょっぴり過激な施術です。

スポンサードリンク



自然治癒作用から、繊維芽細胞がコラーゲンの産出を促進する「ダーマローラー」の効果に、リピートしている方も少なくないはず。

この「ダーマローラー」に、自宅でのセルフケアを可能としたホームケア版があること、ご存じでしたか?

ホームケア用の「ダーマローラー」は、針の長さが0.25mmと、プロユーズの1.0mm~2.0mmの四分の一以下と、私たち“素人”にも扱いやすく作られています。

別売りで、肌を保湿し、ハリを取り戻す「ヒアルロン酸美容液」、色素沈着に効果を発揮する「リポペプチド」、

ケア後の保湿を行う「モイスチャライザ―」、同じくケア後のクールダウンを行う「クールマスク」が販売されています。

美容用品:美容液 ラヴィス ファインフィール

美容用品:美容液 ラヴィス ファインフィール
価格:13,650円(税込、送料別)

紫外線による刺激を避けるため、昼間の使用よりも、夜の使用が推奨されています。

ケアの手順は、

①刺激の少ない固形せっけんで洗顔したら、清潔なタオルで、顔と手の水分をふき取る。②「ダーマローラー」のローラーの部分にまんべんなく熱湯をかけて消毒し、じゅうぶんに湯切りをする

その後、美容液を塗布後、「ダーマローラー」をローリング(2分ほど)、さらに乳液を塗布後、再びローリング(2分ほど)、クリームを塗布後、再びローリング(2分ほど)、最後に「リポペプチド」を気になるしみに塗布後、その部分だけ「ダーマローラー」を ローリング(2分ほど)…。

 

ケアが終了したら、「ダーマローラー」を水道水で洗浄し、しっかりと乾燥させ、消毒液を吹きかけ、ラップにくるんで再び箱の中に戻す、などがお約束。

もちろん、肌に異常を感じた場合は、すぐに使用を止めること。また、使用は自己のみで、貸し借りは厳禁。

前出の美容液には防腐剤が配合されていないため、できるだけ早く使い切ることが推奨されています。

 




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ