美容鍼の効果とは?法令線(ほうれいせん)や、しみやしわに効く!

アンチエイジングの施術のうち、ユニークなものとしては「ハリ治療」が挙げられます。

メスで切ったり、薬剤を注入したり、レーザーを使ったり。

美容皮膚科で主に行われているのは、西洋医学の考え方によるアンチエイジング治療。

スポンサードリンク



これとは正反対に位置するのが、東洋医学です。

人が持つ自然治癒力によって、しわやほうれい線、たるみを改善したり、「小顔」に導くなどの鍼は、「美容鍼」と呼ばれています。

ポイントさらに、人の身体に300以上あるといわれるツボ(経穴)を的確に捉える「美容整体」もあります。

肩こりや腰痛、自律神経の不調によるだるさも、施術を通して、幅広く改善していこうとするものです。

「美容鍼」によって改善が期待される主なツボは、次のとおりとなっています。

●胃経(四白)→眼の周りに広がるちりめんじわ、ほうれい線のしわ

●胃経(地倉)→口の周りのしわやたるみ

●胆経(陽白)→額のしわや、まぶたのたるみのツボ

●胃経(大迎)→二重あご・首周りや、あごの下のたるみのツボ

●胃経(頬車)→頬のたるみ、肌のつやを改善するツボ

●胆経(瞳子リョウ)→眼の周りのしわ、目の下のたるみやクマのツボ

●頭鍼療法(軍聴区)→顔全体のハリ、つや、左右の顔のバランス

●胆経(完骨)→顔全体のむくみ、顔色の悪さのツボ

スキンケアやサプリメントでは改善しきれなかった 身体の内側からの改善を目指すところがポイント。

「美容鍼」が終わった直後は、一時的に表情筋が活性化し、血行がよくなりますが、即効性のあるものではありません。

継続的に治療を受けることによって、じょじょに体質が改善され、しわなどが改善されていくものです。

個人差もありますが、はじめのうちは、は週に2~3回の治療を受けることがベターとのこと。

肌の状態を見極め、じょじょに安定してきたら、週1回くらいの通院で、改善が期待されるそうです。

料金は、1回40分ほどで5000円くらいから。健康保険の適用はありません。




スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ